ワーキングホリデー生活編

 



  おトクな生活情報

Welcome!

 


滞在方法


オーストラリアでの滞在方法を紹介します。
あなたは、ホームステイ派?、シェアハウス派?、フラット派?、バックパッカー派?

ホームステイ

オーストラリア人の家族と一緒に住む形式です。基本的に、食事付。

自分用の部屋を一部屋与えられ、リビング、キッチン、バス、トイレは、家族と共同で使用するのが一般的です。

一般的なオーストラリア人と暮らすので、彼らの普通の暮らしがわかって面白いと思います。

英語の訓練にもなります。但し、自分から積極的に無理に話しかけないと、そのうち話題もなくなる(笑)ので、英会話力UPには、本人の努力が必要ですよ。 オーストラリア人と一緒に暮らせば、自然と英会話が上手くなるわけではないぞ!ってことです。

また、オーナーである家族に気を使わなければならないこともあったりします。(夜遅く帰って来るときなど) 詳しい僕の体験は、日記編(バイロンベイ)をご覧ください。

費用は、僕の場合は、220ドル/週でした。食事付。学校の紹介だったので、若干高かったのかも知れません。

シェアハウス(オーナー有り)

ホームステイと似てます。

その家のオーナー(オーナー家族)と一緒に住む形式です。ただ、食事無です。

オーナーは、オーストラリア人でない場合もあります。例えば、現地に長期間住んでいる日本人オーナーの家で、シェアハウスするということもありうるわけです。
オーナーへの気遣いが必要という点は、ホームステイと大体一緒です。(オーナーの人柄にもよりますが)

ホームステイとは異なり、自分と同じ立場のシェアメイトが、何人かいる場合があります。

シェアメイトが日本人でない場合は、英語の練習にもなります。 シェアメイトとは、大体、一緒に食事をしたり、飲んだり、パーティーしたりすることとなるので、 シェアメイトがどんな人かは重要です。

費用は、100ドル〜150ドル位/週と思います。食事無。

僕は、ホームステイ終了後、この形式で、3ヶ月位、オーストラリア人のカップルと住んでました。 丘の上の、プチホテルのような、とてもきれいでオシャレなお家で、150ドル/週でした。


オ ー ス ト ラ リ ア 人 の カ ッ プ ル と シ ェ ア

シェアハウス(オーナー無し)

これは気楽です(笑)

オーナーが住んでいないシェアハウスです。(オーナーは別のところに住んでいて、時々やってくる感じです)

住んでいる人みんなが、自分と同じ立場のシェアメイトなので、あんまり気をつかう必要がありません。 簡単にいうと「やりたい放題」「騒ぎたい放題」です。(最低限のマナーはモチロン必要ですよ!)

毎週末、パーティー開催しているシェアハウスも少なくないです。

欠点としては、オーナーがいないので、共用部分(特にキッチン)が汚くなりがち、あと、 ずっと騒いでホントにウルサイ奴がたまにいる(笑)といった点が考えられます。
費用は、100ドル〜130ドル位/週と思います。食事無。

フラット

アパート/マンションを借りて1人暮らしということです。

日本と一緒ですね。バイロンベイには、フラットがないので、どんな暮らしかあんまりよくわかりませんが プライバシーは確保されるということだと思います。都市型生活ですね。 シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストなど大都市には、フラットがあると思います。

費用は、150ドル〜/週と思います。場所によって大きく変わるでしょう。食事無。

バックパッカー

バックパックを背負って旅行する人のことを、バックパッカーといいますね。

そして、まぎらわしいのですが、オーストラリアでは、そういう、バックパッカーが泊まる安宿のことも バックパッカーといいます。日本語では、略してバッパーです。

ドミトリー(相部屋)形式で、リビング、キッチン、バス、トイレは共同です。

オーストラリアを旅行する際は、必ずお世話になる施設です。

では、ワーキングホリデーで長期滞在しているときは、バックパッカーは使えないかというとそうでもないです。 世界各国から、いろんな国の旅行者が来るので、バックパッカーに泊まっていると、自然と友達が増えます。 そして、英語も使います。毎回、新しい人なので、新鮮な気持ちで英語が話せます。楽しいです。

というわけで、英語学校に行っているときなど、一都市に長期滞在する場合に、バックパッカーに泊まるというのは アリだと僕は思います。

ただ、相部屋なので、プライバシーがあんまり無いということと、料金が割高になるというデメリットはあります。

費用は、150ドル〜/週と思います。20ドル〜30ドル/日。食事無。

費用が気になる場合は、バックパッカーで数時間働くかわりに、宿泊代金がタダになるといったケースもあります。


バ ッ ク パ ッ カ ー の 共 用 ス ペ ー ス


ベ ッ ド ル ー ム ( こ れ は 1 2 人 部 屋 )


ル ー ム メ イ ト と ビ ー ル を 飲 み に い く

Copyright (C) 2007 サトナカ , All rights reserved.
inserted by FC2 system