ワーキングホリデー生活編

 



  おトクな生活情報

Welcome!

 


かんたん自炊生活/僕の秘密レシピ


自炊しないとダメですか?

オーストラリアで「外食」すると、おそらく、日本より「お金」がかかります。

日本の場合、近所に、安くておいしい「定食屋さん」があったり、「ラーメン屋」があったり、 「パスタ屋」があったり、「吉野家」、「松屋」、「大戸屋」なんかの、それなりに一応「食事」ができる ファーストフード店がありますよね。

また、「ほかほか弁当」や、「コンビニのお弁当、おにぎり、サンドイッチ」なども 相当高いクオリティを誇っていると思います。僕も、日本にいたころは、ほとんど自炊せず、「外食」ばかりしてました。 (仕事も忙しくて、食事を作る時間もなかった)

では、オーストラリアの場合は、どうかというと、日本のようなバラエティ豊かな「外食」がありません。 マックとか、ハングリージャックス(日本のバーガーキングです)とか、ケンタッキーとか、ドミノピザとか、 どう考えても、「食べ続けるとこれは健康に悪いだろ〜」というファーストフードはありますが、

日本のような「安くて」「おいしい」「栄養的にもボチボチ良さそう」なファーストフードは無いんです。 もちろん、おしゃれレストランやカフェの「ランチメニュー」みたいなものはありますが、 大体、10ドル(≒1000円)を軽く超えると思います。「ディナー」にいたっては、20ドル超えるでしょう。 これでは、お金がかかって仕方ありませんね。

ということで、オーストラリアで生活する場合、「自炊」が必要になります。(ホームステイ先ホストマザーから、料理が提供される場合を除く)

「わたしってこう見えても〜料理は得意なのぉ!家庭的なのぉ!」という人は、このページは、たぶん読まなくて良いです。 得意料理をバリバリつくって、しっかり自炊生活して下さい。

日本で料理をほとんどしてなかった。「料理は苦手」というアナタ!安心してください。 オーストラリアで生活すると必要に迫られて、なんとなく料理ができるようになりますから! (僕もそうだったので、その点は、保証します!)

そこで、このページでは、僕がよく作っていた「料理のベスト3」を紹介したいと思いますので、料理が苦手な方は、ちょっと参考にしてください。 そんなにたいしたものじゃあないっす(笑)

1.シャキシャキッレタスチャーハン

材料  :ごはん、レタス、ベーコン、卵
調味料 :塩、コショウ、しょうゆ、マヨネーズ(お好み)、にんにく(お好み)
調理時間:7分

作り方:
@ ごはんが冷えていたら電子レンジで2分ぐらい温めましょう。
A 刻んだにんにくをフライパンで炒めましょう。
B なんとなく切ったベーコンをフライパンに加えて炒めましょう。
C 卵をフライパンでかき混ぜ、柔らかいスクランブルエッグ的な状態にします。
D フライパンにご飯を入れて炒めましょう。
E 塩、コショウ、しょうゆを入れてなんとなく味を整えてね。
F レタスを入れて、レタスが、少しヘナってなるまで炒めます。
G お好みで、マヨネーズを加えましょう。

ポイント:
オーストラリアのフライパンは、「テフロン加工」されてないものが多いので、焦げます(笑)

よって、いかに「焦げない」料理をつくるかが最大のポイントなのです。(焦げたフライパンを後でゴシゴシ洗うのも大変ですね〜) そのため、@で、あえて、ごはんを温めてます。暖かいご飯は「焦げにくい」からです。

また、C卵がスクランブルエッグ的状態になっているところをめがけて、Dご飯を入れてください。 卵が「クッション」となって、ご飯がフライパンにくっつきにくくなるのです。 この方法は、あの細木数子(ほそきかずこ)もテレビで紹介してたので、まちがいないです。たぶん。

また、ごはんを炒めるときは、フライパンをサッサッと前後に動かすと、プロっぽくて、ちょっとカッコイイです☆。でも、調子に乗ると、ごはんがボロボロこぼれるので、気をつけましょう。

レタスやベーコンを入れるタイミングは、お好みで適当に調整してください。僕は、カリカリベーコンと シャキシャキレタスのコンビネーションが好きなので、ベーコンは早めに炒め、レタスは最後に入れてました。

ちなみに、しょうゆは、どんな小さなスーパーでも売ってます。日本から持っていく必要はないです。ナイスです。キッコーマン。 「しょうゆがあれば〜とりあえずなんとかなる!」気がするので、現地で一本買っとくのをオススメします。

2.なんとなくプロっぽいカレー

材料  :ごはん、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、ブロッコリー、ひき肉
調味料 :塩、コショウ、バター、各種カレー粉、各種ハーブ、ココナッツミルク
調理時間:30分

作り方:
@ ウリウリっと野菜、肉たちを軽くバター炒めします(省略可)
A お湯を加え、オラオラっと煮ましょう。
B ポコポコしてる灰汁(あく)をとりましょう。
C 沸騰したら火力を弱めて、おいしそうに、コトコトと煮ます。
D ホクホクッ 熱ッ!と、じゃがいもの味見をしてちゃんと煮えているかチェック。
E 各種カレー粉、ハーブなんかをいれて、少しグツグツッと煮たら完成!

ポイント:
要するに〜 材料を煮る + カレー粉を入れる 〜 で、カレーになります。
ひき肉を使うと、肉を切る必要が無いので楽チンです。 また、オーストラリアはソーセージがかなり安く種類も多いので(ハーブ風味、チリ風味、はちみつ風味なんかもあります)、ひき肉の代わりにソーセージでもナイスです。 そして、テキトーに、ココナッツミルクハーブを入れたりすると、プロっぽいですね〜。

日本のカレー粉は、普通のスーパーで売ってますが、高いです。ハウス食品のカレー粉(5皿分)で7ドル(≒700円)位です。 これは僕なりの「予言」ですが、きっと、アナタも、日本のカレーが懐かしくなって、食べたくなるので、「熟カレー」などを何箱か持っていくのがベストだと思います。

オーストラリアの税関では、入国時に食べ物などのチェックが厳しいですが、僕の経験上「カレー粉」は持ち込めます。 税関の職員に「これ何だい?」と聞かれたら「カリィーパウダー、プリティ・ヤミー!マイト!」(カレー粉だよ。すげえウマイんだぜ!マイト!) と答えれば、まちがいないです。もちろん、入国時は「食べ物を持ってきてる人」の列に並んで、ちゃんと申告しないとダメですよ〜。

ちなみに、オージーに、日本のカレーを作ってあげると、"AWESOME!! AWESOME!!" → すげえ!すげえ! と喜ばれます。
インド、スリランカ、タイなどの世界各国の各種カレー粉は、スーパーのアジア食材コーナーで、簡単に買えます。イエローカレー、レッドカレー、 グリーンカレーなど、カレー粉をいろいろブレンドするのも、かなりプロっぽいですね。

3.とろふわ〜インドネシア風やきそば

材料  :インスタントミーゴレン、卵、冷凍ミックスベジタブル
調味料 :塩、コショウ、スープの素(麺の袋に入ってます)
調理時間:5分

作り方:
@ 麺(インスタントミーゴレン)を3分ゆでます。
A 冷凍ミックスベジタブルを解凍します。
B ざるで、麺の水をきり、フライパンでミックスベジタブルと炒めます。
C スープの素と卵を加えてフライパンの中でふわっと混ぜたら完成。

ポイント:
インドネシア風やきそばとは、いわゆるミーゴレンのことです。

スーパーのアジア食材コーナーで、袋のインスタントラーメンの形状で売ってるものが買えます。1袋1〜2ドル(≒100円〜200円)位です。 作り方は、ゆでてから、炒めるのがポイントです。やきそばですからね。

炒めるときに、ミックスベジタブルを混ぜるのがポイントです。栄養的にも、麺だけ食べるよりは、よくなるし、調理も簡単、 見ためもゴージャスになります。 ミックスベジタブルには、にんじん、ブロッコリー、アスパラガス、コーン、グリーンピースなど種類によって、 いろんな野菜が入っているので、各自の好みで選んでください。

僕は、小学校の時から、グリーンピースが嫌いなので(お菓子のグリーンピースは好きですが)、グリーンピース無しを選んでました。500g(2回分)で、3ドル〜5ドル位。

おいしく仕上げるポイントは、最後に、卵を混ぜて、ふわっと混ぜることです。フライパンの中で、麺と卵を3〜4回かき混ぜてください。 麺が卵で包まれて、とろふわ〜となり、それがソースに絡みつきウマイです。

Copyright (C) 2007 サトナカ , All rights reserved.
inserted by FC2 system